マルタ VFA法

1. Introduction
1. はじめに

The Virtual Financial Assets Act, 2018 (the “VFA Act”), came into force on the 1st of November 2018, and regulates the field of Initial Virtual Financial Asset Offerings carried out in and from within Malta and Virtual Financial Assets and has also made provisions for ancillary services.

2018年仮想金融資産法(以下「VFA法」)は2018年11月1日に施行され、マルタ内及びマルタから外部に向けて行われる仮想金融資産新規公開(イニシャル・オファリング)及び仮想金融資産に関する分野を規制し、また補助的なサービスに関する規定も設けています。

In order for the VFA Act to be applicable, a token must be classified as a Virtual Financial Asset (“VFA”) and the Act provides a comprehensive Financial Instrument Test to determine such classification.

VFA法が適用されるためには、トークンは仮想金融資産(「VFA」)として分類されなければならず、VFA法はその分類を決定するための包括的な金融商品テストを提供します。

Should the token be considered a VFA, the Act provides for a broad set of processes and regulations that aim to provide a significant level of investor protection, whilst encouraging growth in the industry.

トークンがVFAと見なされるために、この法律は幅広い一連のプロセスと規則を規定しています。これは、業界の成長を促進しつつ、厳格な投資家保護を提供することを目的としています。

The VFA Act defines a VFA as, “any form of digital medium recordation that is used as a digital medium of exchange, unit of account, or store of value and that is not electronic money, a financial instrument, or a virtual token.” The VFA shall also be generated through the use of Digital Ledger Technology (“DLT”), which is defined as, “a database system in which information is recorded, consensually shared, and synchronised across a network of multiple nodes…”

VFA法では、VFAを「デジタルでの価値交換、価値測定、価値貯蔵の媒体として使用されるあらゆる形式のデジタル媒体記録であり、電子マネーや金融商品、仮想トークンではないもの」として定義しています。またVFAは、「情報が記録され、合意のもとで共有され、複数のノードのネットワークで同期されるデータベースシステム」と定義される分散型台帳技術(DLT : Digital Ledger Technology)を使用して生成されるものとします。 

The Act delineates the necessary regulatory framework for VFA Offerings, which must be made through a whitepaper (which is compliant under the VFA Act) to be registered with the Malta Financial Services Authority (“MFSA”), as the competent authority, through a licensed VFA Agent. The VFA Act also sets out particular sanctions for non-compliant issuers, with an aim to increase investor protection.

VFA法は、VFAオファリングに必要な規制の枠組みを詳細に規定しており、オファリングはライセンスを受けたVFAエージェントを介してマルタ金融サービス庁(MFSA)に登録されるホワイトペーパー(VFA法に準拠)を通じて実施されなければなりません。VFA法はまた、投資家保護の強化を目的として、法令非遵守の発行者に対する特別な制裁措置も定めています。

The VFA Act creates a regulatory environment that will provide much sought after legal certainty for issuers of tokens. With the establishment of a robust compliance and enforcement regime whilst encouraging innovation and promotion of all industry stakeholders, Malta is a well-suited jurisdiction for the offering of tokens.

VFA法は、トークン発行者のために熟慮された法的確実性を提供する規制環境を作り出しています。強固なコンプライアンスおよび執行体制の確立とともに、マルタはすべての業界関係者のイノベーションと推進を奨励しており、トークン発行者にとって非常に適した法管轄地域です。


1.1 Financial Instrument Test
1.1 金融商品テスト

In order to determine whether or not the token will fall under the purview of the VFA Act, an issuer must complete the Financial Instrument Test. An issuer shall enlist a VFA Agent to complete the test and register their findings, along with a compliant whitepaper to the MFSA.

トークンがVFA法の適用範囲に該当するかどうかを判断するために、発行者は金融商品テストを完了する必要があります。発行者は、MFSAに準拠したホワイトペーパーとともに、テストを完了し、その調査結果を登録するために、VFAエージェントを参加させるものとします。

The test will determine the nature of the token and the applicable regulatory regime which it will fall under. The test takes a negative approach, in that if the DLT token (“DLT Asset”) is not a virtual token, transferable security, money market instrument, a unit in a collective investment scheme, a financial derivative, an emissions allowance, or electronic money, it shall be classified as a VFA and will fall under the purview of the VFA Act.

このテストでは、トークンの性質と適用される規制制度が決定されます。テストはネガティブ・アプローチをとり、DLTトークン(「DLT資産」)が仮想トークン、譲渡可能証券、短期金融商品、集団投資スキームの単位、金融派生商品、排出枠、または電子マネーではない場合、それはVFAとして分類され、VFA法の範囲内に含まれるものとします。

1.2 Virtual Token
1.2 仮想トークン

In order for a token to be considered a virtual token, it must fulfil the non/limited-exchangeability and purpose criteria:

トークンが仮想トークンと見なされるためには、トークンが非限定的な交換可能性および目的の基準を満たす必要があります。

1.2.1 Exchangeability
1.2.1 交換可能性

The virtual token should remain exchangeable either solely within the DLT platform on or in relation to which it was issued or within only a limited network of DLT platforms; and

仮想トークンは、それが発行されたDLTプラットフォーム内でのみ、あるいはDLTプラットフォームの限られたネットワーク内でのみ交換可能であるべきです。 そして

1.2.2 Purpose
1.2.2 目的

The virtual token should be a form of digital medium recordation whose utility, value or application is restricted solely to the acquisition of goods or services.

Should, after completing the Financial Instrument Test, the token be considered a virtual token, it shall fall outside the purview of the VFA Act and remain unregulated.

仮想トークンは、そのユーティリティ、価値、または用途が商品またはサービスの取得のみに限定されるデジタル媒体記録の形式であるべきです。

金融商品テストの完了後にトークンが仮想トークンと見なされる場合、それはVFA法の適用範囲外になり、規制されないままになります。

1.3 Transferable Security
1.2 譲渡可能証券

A token will be considered a transferable security, if it falls within the definition provided by Annex I, Section C MiFID II. The guidance note on the Financial Instrument Test provides for the following to be considered:

トークンが附属書I、セクションC MiFID IIに規定されている定義に該当する場合、そのトークンは譲渡可能証券とみなされます。金融商品テストのガイダンスノートでは、次のことを考慮しています。

1.3.1 Exchangeability
1.3.1 交換可能性

The first criterion to be assessed is the negotiability of a DLT asset on the capital markets. It has been established that such a feature is a sine qua non for a DLT asset’s classification as a Transferable Security. In this respect, the Test also considers whether the transferability of the DLT asset is restricted solely to the issuer, given that only under such a scenario would the DLT asset be considered as non-transferable. For the purposes of this determination, the negotiability feature shall also apply to DLT assets which have not yet been issued, should such assets be designed to be negotiable on the capital market upon issuance.

評価される最初の基準は、資本市場におけるDLT資産の譲渡可能性です。そのような機能は、譲渡可能証券としてのDLT資産の分類に必須のものであることが証明されています。このようなシナリオの下でのみDLT資産が譲渡不可能と見なされることを考えると、この点に関して、本テストはDLT資産の譲渡可能性が発行体のみに限定されるかどうかも検討します。この決定の目的のために、譲渡可能性の特徴は、発行時に資本市場で譲渡可能となるように設計されている場合、まだ発行されていないDLT資産にも適用されるものとします。

1.3.2 Rights
1.3.2 権利

A DLT asset’s qualification as a Transferable Security is further subject to the assessment of the rights attached to it in order to determine whether these effectively render such DLT asset akin to a share in a company, partnership or other entity, and depository receipt in respect of share/s, or bond or other form of securitized debt or gives the right to acquire or sell any such Transferable Securities or gives rise to a cash settlement determined by reference to, inter alia, Transferable Securities.

譲渡可能証券としてのDLT資産の適格性は、これらのDLT資産が会社、パートナーシップまたは他の事業体における受領権、および預託証券の受領に関して実質的に類似しているかどうかを判断するために付随する権利の評価をさらに受けます。株式、債券またはその他の形態の証券化された負債、またはかかる譲渡可能証券を取得または売却する権利を付与する、あるいはとりわけ譲渡可能証券を参照して決定される現金決済を生じさせます。

1.3.3 Instrument of Payment
1.3.3 支払手段

The definition of Transferable Securities under MiFID excludes instruments of payment; therefore a DLT asset qualifying as such shall not be deemed to be a Financial Instrument under MiFID.

Should the token be considered a transferable security, it will fall under EU Prospectus Regulations. So called ‘security tokens’ would in all likelihood be considered transferable securities and the issuer would be required to comply to the aforementioned EU Prospectus Regulations.

MiFIDに基づく譲渡可能証券の定義は支払手段を除外しています。したがって、そのように認定されたDLT資産は、MiFIDに基づく金融商品であるとは見なされません。

トークンが譲渡可能証券と見なされる場合は、EU目論見書規制に該当します。いわゆる「セキュリティトークン」は、おそらく譲渡可能証券とみなされ、発行者は前述のEU目論見書規則に従うことを要求されるでしょう。


1 Malta Financial Services Authority, A Guidance Note to the Financial Instrument Test. (2018)
https://mfsa.com.mt/pages/viewcontent.aspx?id=680
2 Ibid.


1.4 Money Market Instrument
1.4 短期金融商品

Various EU legislation has set out the criteria for what qualifies as a money market instrument.
In order for a DLT asset to be considered as such, issuers shall contemplate the following:

さまざまなEUの法律が、短期金融商品としての資格があるものについての基準を定めています。
DLT資産がそのように見なされるためには、発行者は以下のことを考慮しなければなりません。

1.4.1 Maturity
1.4.1 満期

Qualification as a money market instrument would be based on whether the DLT asset has a maturity at issuance of up to 397 days or less.

短期金融商品としての適格性は、DLT資産の発行時の満期日が397日以内であるかどうかに基づきます。

1.4.2 Rights
1.4.2 権利

In accordance with the definition under Article 4 of the Markets in Financial Instruments Directive II and the Commission Delegated Regulation (EU) 2017/565, the DLT asset should have features that are similar to those of other instruments falling within the definition’s scope, including inter alia treasury bills, certificates of deposit and commercial papers and other instruments with substantively equivalent features. This is subject to the condition that the DLT asset does not qualify as a derivative.

金融商品指令IIの市場の第4条および欧州委員会委任規則(EU)2017/565の定義に従って、DLT資産は他の商品の特性と同様の特性を持つべきものとします。それらは実質的に同等の機能を備えたその他の国庫手形、預金証書、コマーシャルペーパーおよびその他の商品を含みます。これは、DLT資産がデリバティブとして適格ではないという条件に左右されます。


1.4.3 Accurate valuation
1.4.3 正確なバリュエーション

The Commission Delegated Regulation (EU) 2017/565 stipulates that such instruments should have a value that can be determined at any point in time.

欧州委員会委任規則(EU)2017/565は、そのような商品はいつでも決定できる値を持つべきであると規定しています。

1.4.4 Instrument of Payment
1.4.4 支払い手段

The definition of money market instruments excludes instruments of payment; hence, a DLT asset which qualifies as such shall be excluded from MiFID II’s scope.

Tokens which are considered to be a money-market instrument shall fall outside the purview of the VFA Act and will subsequently fall within the confines of MiFID II and the Malta Investment Services Act.

短期金融商品の定義では、支払手段は除外されています。したがって、そのような資格のあるDLT資産は、MiFID IIの範囲から除外されます。

短期金融商品と見なされるトークンは、VFA法の範囲外であり、その後MiFID IIおよびマルタ投資サービス法の範囲内になります。

1.5 Unit in Collective Investment Scheme
1.5 集団投資スキームの単位

A unit in collective investment scheme is defined by Malta Subsidiary Legislation 123.51 and the UCITS Directive. In order to determine whether or not a DLT asset will be considered a unit in a collective investment scheme (“CIS”), an issuer must consider its purpose and arrangement.

集団投資スキームの単位は、マルタ子会社法123.51およびUCITS指令6によって定義されています。DLT資産が集団投資スキーム(「CIS」)の単位と見なされるかどうかを判断するためには、発行者は 目的とアレンジを考慮する必要があります。

1.5.1 Purpose
1.5.1 目的

The DLT asset in issue should enable investors to participate in or receive profits or income arising from the acquisition, holding, management or disposal of such DLT asset and the objective of the issue should be the collective investment of capital.

問題となっているDLT資産は、投資家が参加する、またはそのようなDLT資産の取得、保有、管理または処分から生じる利益を受け取ることを可能にするべきであり、問題の目的は資本の共同投資であるべきです。

3 Article 3 of Commission Directive 2007/16/EC, MiFID II, Commission Delegated Regulation 2017/565.
4 Article 3 of Commission Directive 2007/16/EC.
5 Directive 2014/65/EU.
6 Directive 2009/65/EC.

1.5.2 Arrangements
1.5.2 アレンジ

The undertaking should also have one of the necessary arrangements which equate the DLT platform to a CIS.

Should a token be determined to be a unit in a collective investment scheme, the VFA Act would not apply and the token would fall within the confines of the Malta Investment Services Act.

事業はまた、DLTプラットフォームをCISに相当する必要なアレンジの1つを持つべきである。

トークンが集団投資スキームの単位であると判断された場合、VFA法は適用されず、トークンはマルタ投資サービス法の範囲内になります。

1.6 Financial Derivative
1.6 金融デリバティブ

Annex 1, Section C(4) to (10) of MiFID sets out what shall qualify as a financial derivative. In order to determine if the token in question falls within such definition, the following criteria shall be considered:

MiFIDの附属書1、セクションC(4)から(10)は、金融派生商品としての資格を有するものを規定しています。問題のトークンがそのような定義内にあるかどうかを判断するために、次の基準を考慮する必要があります。

1.6.1 Contract type
1.6.1 契約タイプ

The DLT asset should be equivalent to an option, future, swap, forward rate agreement or any other derivative contracts currently available in the markets.

DLT資産は、オプション、先物、スワップ、先渡レート契約または現在市場で入手可能なその他のデリバティブ契約と同等であるべきです。

1.6.2 Underlying
1.6.2 原資産

The DLT asset should have an underlying asset which falls within MiFID’s scope.

DLT資産は、MiFIDの範囲内にある原資産を持つべきです。

1.6.3 Settlement
1.6.3 決済

The DLT asset should be settled in accordance with the settlement conditions applicable in terms of MiFID and the Commission Delegated Regulation (EU) 2017/565.

DLT資産は、MiFIDおよび欧州委員会委任規則(EU)2017/565に関して適用される決済条件に従って決済する必要があります。

1.6.4 Purpose
1.6.4 目的

The DLT asset should have an underlying purpose either in terms of a financial instrument for the purposes for the transfer of credit risk or equivalent to a contract for difference.

Should a token be considered a financial derivative, it will not be subject to the VFA Act and will fall under MiFID II and the Malta Investment Services Act. The dealing of derivatives is a regulated activity which requires an appropriate license.

DLT資産は、信用リスクの移転を目的とした金融商品の観点から、または差異のある契約と同等の根本的な目的を持つべきです。

トークンが金融派生商品と見なされる場合、それはVFA法の対象にはならず、MiFID IIおよびマルタ投資サービス法に該当します。
デリバティブの取引は適切な免許を必要とする規制された活動です。

1.7 Emissions Allowance
1.7 排出枠

If a DLT Asset is issued by a national competent authority8 in terms of Directive 2003/87/EC, it shall be considered an emissions allowance and fall under the purview of the said Directive.

指令2003/87/ECの観点からDLT資産が国内の管轄当局によって発行された場合、それは排出枠と見なされ、当該指令の範囲内となる。

1.8 Electronic money
1.8 電子マネー

Where the DLT asset allows users to purchase and obtain goods and services, and is considered to be a widely-used means of exchange, it may be regulated as electronic money. In order to determine whether or not the token will be considered electronic money, the issuer must contemplate the following criteria:

DLT資産によって、ユーザーが商品やサービスを購入して入手することができ、広く使用されている交換手段と見なされている場合、電子マネーとして規制されることがあります。トークンが電子マネーと見なされるかどうかを判断するために、発行者は次の基準を考慮する必要があります。

1.8.1 Issuance and Redemption
1.8.1 発行及び償還

The DLT asset should be issued at par value on the receipt of funds by an issuer and be redeemable solely by the said issuer. Redemption should be possible at any time, at par value and without any possibility to agree a minimum threshold for redemption.

DLT資産は、発行者による資金の受領時に額面金額で発行され、当該発行者によってのみ償還可能でなければなりません。償還はいつでも、額面金額で、償還の最低基準に合意する可能性なしに、可能であるべきです。

1.8.2 Claim on the Issuer

1.8.2 発行者へのクレーム

The DLT asset should represent a claim on the issuer arising from the funds originally placed against the issuance of such DLT assets.

DLT資産は、そのようなDLT資産の発行に対して当初設定された資金から生じる発行者に対する請求を表すべきです。

1.8.3 Purpose
1.8.3 目的

The DLT asset should be used for the purpose of making payment transactions as defined in point 5 of Article 4 of Directive (EU) 2015/2366 and should be accepted by a natural or legal person other than the issuer of the said DLT asset as a payment.

However, should the payment or the DLT Asset itself fall under the exemption stated in Article 3(k) of Directive 2015/2366, it shall not be considered electronic money.

Electronic money will not fall under the VFA Act.

DLT資産は、指令(EU)2015/2366の第4条のポイント5に定義されているように支払い取引を行う目的で使用されるべきであり、当該DLT資産の発行者以外の自然人または法人によって、支払いとして承認されるべきです。

ただし、支払いまたはDLT資産自体が、指令2015/2366の第3条(k)に記載されている免除に該当する場合、それは電子マネーとは見なされません。

電子マネーはVFA法には該当しません。

1.9 Virtual Financial Asset
1.9 仮想金融資産

If a DLT asset, after completing the Financial Instrument Test is determined not to be any of the above instruments, it will be considered a VFA, and thus under the purview of the VFA Act. The relevant regulations apply in relation to both the whitepaper and the issuer itself. The issuer must fulfil a fit and proper test, and meet certain specifications ? the determination of which will be initially made by the VFA Agent. Furthermore the whitepaper shall be compliant and contain the matters stated in the First Schedule of the Virtual Financial Assets Act.

金融商品テストの完了後にDLT資産が上記のいずれの商品でもないと判断された場合、それはVFAと見なされ、したがってVFA法の適用対象となります。関連する規制は、ホワイトペーパーと発行者の両方に関連して適用されます。発行者は、適切なテストを実施し、特定の仕様を満たす必要があります。その決定は、最初にVFAエージェントによって行われます。さらに、このホワイトペーパーは準拠していなければならず、仮想金融資産法第1スケジュールに記載されている事項を含んでいるものとします。

Along with a VFA Agent, the Consultation Paper on the Virtual Financial Assets Rules for Issuers of Virtual Financial Assets11states that an issuer must have, at all times, the following functionaries: a systems auditor, an auditor, and a money laundering reporting officer. Each functionary must have sufficient knowledge and experience and adhere to the regulations set forth by the MFSA.

VFAエージェントと共に、仮想金融資産発行者のための仮想金融資産規則に関するコンサルテーション・ペーパーは、発行者が常に次の機能者を持たなければならないと述べている:システム監査人、監査人、およびマネー・ローンダリング報告責任者。 各機能職員は、十分な知識と経験を持ち、MFSAが定める規則を遵守しなければなりません。

The VFA Act has required issuers to state in detail many aspects of the VFA Offerings. From risks, milestones and financial disclosures to the technical aspects of the token ? the VFA Act places a high level of obligatory disclosure on the issuer. It is clear that investor protection is a very important aspect of the VFA Act, and the legislator has used the Prospectus Directive as a model when drafting the requirements for a compliant whitepaper.

VFA法は、発行者に対し、VFAオファリングの多くの側面を詳細に述べることを要求しています。リスク、マイルストーン、および財務上の開示からトークンの技術的側面まで、VFA法は発行者に対して高レベルの義務的開示を課しています。投資家保護がVFA法の非常に重要な側面であることは明らかであり、立法者は準拠ホワイトペーパーの要件を起草する際のモデルとして目論見書指令を使用しています。

2. Regulatory Consequences
2. 規制による影響

2.1 AML/KYC
2.1 AML/KYC

Issuers of VFAs are subject to the Prevention of Money Laundering Act and any subsequent legislation. The 5th Anti-Money Laundering Directive12 which was passed by the European Parliament specifically addresses cryptocurrencies and how anti-money laundering provisions will become applicable. This Directive will enter in force in Malta prior to the 30th May 2020.

One of the notable requirements of the whitepaper is to adopt white-listing and anti-money laundering and counter financing of terrorism procedures in terms of the aforementioned money laundering act.

VFAの発行者は、マネーロンダリング防止法およびその後の法律の対象となります。欧州議会が可決した第5次アンチマネーロンダリング指令は、暗号通貨と、アンチマネーロンダリングの規定がどのように適用されるようになるかを明確に取り上げています。この指令は、2020年5月30日までにマルタで発効します。

ホワイトペーパーの注目すべき要件の1つは、前述のマネーロンダリング法の観点から、ホワイトリストとマネーロンダリング防止、およびテロ対策の対抗資金調達を採用することです。

2.2 Consumer protection legislation
2.2 消費者保護法制

Where VFA Offerings are open for retail investors, Maltese consumer protection laws may be applicable.

VFAオファリングが個人投資家向けに公開されている場合、マルタの消費者保護法が適用される場合があります。

3. Investing into digital tokens
3. デジタルトークンへの投資

Although currently in its ‘consultation stage’, the paper on Achieving a Higher Degree of Investor Protection under the Virtual Financial Assets Act has stated that the MFSA are considering imposing an investment cap of ?5,000 per issuer over a period of 12 months, which would be applicable to retail investors as defined by MiFID.14

現在その「協議段階」にありますが、仮想金融資産法に基づくより高度な投資家保護の達成に関するペーパーは、MFSAが12カ月間の発行者当たり5,000ユーロの投資上限を課すことを検討していると述べており、これはMiFID.14で定義されているように個人投資家に適用可能となります。

4. Conclusion
4 おわりに

The VFA Act is a progressive and investor-protection-conscious piece of legislation. It attempts to classify tokens into either being virtual financial assets, instruments under the current regulatory regime, or virtual tokens which remain unregulated. It would seem as though the definition of a VFA has been purposely left incredibly broad so as to act as a net, and catch all that does not fall within the current regulatory regime. The definition is of such breath that very few tokens will be classified as virtual tokens and hence be unregulated.

The legislation and subsequent regulations are designed to be comprehensive but not overly onerous ? preserving Malta as one of the most attractive jurisdictions, allowing it to live up to its epithet, “Blockchain Island”.

VFA法は、進歩的で投資家保護を重視した法律です。トークンを仮想金融資産、現在の規制体制下の商品、または未規制のままの仮想トークンのいずれかに分類しようとします。VFAの定義は、張り巡らされた網として機能し、現在の規制体制に含まれていないものをすべて捉えるために、意図的に非常に広くされているように見えます。この定義はそのゆな性質のため、仮想トークンとして分類されることで規制されないトークンはほとんどないでしょう。

法律とその後の規制は、包括的であるが過度に面倒ではないように設計されています。それは、マルタを最も魅力的な管轄の1つとして保ち、「ブロックチェーン島」の名に値することを可能にします。